welcome to engawanoie!

ある家があります。
数十年も閉じられているのに、太陽の光をどんどん蓄えているような、
誰もいないのについ「ごめんください」と断ってから
庭先の木戸を開けたくなるような家です。
このまじめな面白い家を「縁側の家」と呼ぶことにしました。

there is a house,
containing a tank of sunshine,
even though it has been closed for over 30 years.
at the entrance, you might want to ask permission to go inside,
even though you know that nobody is inside.
we decide to call this magical house “engawanoie“.


縁側の家は、福島県浜通りにあるカルチュラル・プラットフォームです。
土地や境界、身体をテーマに以下のような活動をしています。
– イベント・オープンスペースの開催
– アーティスト・イン・レジデンス // air in air
– オリジナル作品の製作

engawanoie is a cultural platform
based in hamadori in the fukushima prefecture of japan.
engawanoie tells you a story about land, border and body.
the storytelling approach is to be:
– an open space for cultural activities during the weekend
– an artist in residence // air in air
– a channel for the production of works by original artists

⇒ how to find us    ⇒ connect with us