now available on the documentary “Let’s ride a wave on 311” in 2024

青木裕介 (Circulation) 監督撮影による2024年の「3月11日に波に乗ろう」記録作品が完成しました。青木監督は広野町出身ー広野幼稚園・広野小学校・広野中学校に通った生粋の広野っ子(縁側の家の高橋姉弟もそうです)で、現在はご自身が主宰する「多世代交流スペースぷらっとあっと」や「ひろのパソコン教室」を拠点に、この浜通り地方を元気にする活動を多角的に展開しています。
40名ほどの参加者が集った今年の「3月11日に波に乗ろう」は2日間の長丁場。各々の思惑で偶然に集った人々が一緒にサーフィンをし、食事をし、ゆるやかにつながりまた散っていくーそんな「ngupi(アチェのスラングで目的もなく集いダラダラするの意味)」な時間が、青木監督の優しい眼差しにより作品となりました。私たちの最高なダラダラっぷりをぜひご覧ください!

寒い中、遠路はるばる福島まで来てくださった参加・協力者の皆様、そしていつも温かく見守り支えてくれる友、仲間、家族に心からの感謝を。

Let’s ride a wave on 311 [2024]
program – how we spent those two days
[march 10th]
1. 前夜祭イベント1 ビーチコーマーのジョン・アンダーソンさんと話そう!
pre-event1: Talk to John Anderson(beach comber)
2. 前夜祭イベント2 NGUPI – アチェ/福島 上映&トーク
pre-event2: NGUPI – Ache/Fukushima Screaning & Talk
[march 11th]
09:00 スタッフ集合 準備開始 / Staff gather for preparation
09:50 岩沢海岸 集合〜着替え / Meet and change clothes at Iwasawa Beach
10:30 浜へ インストラクターによるレッスン開始 / Go to Beach, Lesson by instructor
11:30 終了〜着替え / Finish Surfing, change clothes
12:00 道の駅ならは天然温泉へ / Go to Hot Spa(Michinoeki Naraha)
13:00 縁側の家へ移動 / Go to engawanoie
13:15 ヒデシェフの特製ランチ / Lunch Course by chef Hide
14:46 黙祷 / a moment of silence
15:00 トークタイム(参加者全員で座談会)/ Talk time, roundtable discussion with all participants
16:00 終了 / Closing event

[thanks to]
サーフレッスン:柳沼祐一 (ハバナアフェア) / Surf Lesson by Yuichi Yaginuma(Havana Affair)
シェフ:高橋秀和 (縁側の家)/ Chef: Hidekazu Takahashi (engawanoie)
歌とウクレレ: 戸井田芭菜 / songs and ukulele: Hana Toida

前夜祭イベント1 出演:ジョン・アンダーソンアバロス村野敦子
3.10 pre-event1 participation: John Anderson(Folks, Washington, US), Abalos Murano Atsuko

前夜祭イベント2 出演:斉藤勇樹 (anitoya)、松本康弘、アダム・ドーリング(和歌山大学)、高橋優子 (縁側の家)
3.10 pre-event2 participation: Yuki Saito (anitoya), Yasuhiro Matsumoto, アダム・ドーリング (Wakayama University), Yuko Takahashi (engawanoie)

出張販売:Sayari(スイーツ)、渡邉隆幸(石焼き芋)
onsite food shop: Sayari(sweets), Takayuki Watanabe (stone roasted sweat potato)

展覧会「縁側にて」参加作家: 小宮りさ麻里奈、アバロス村野敦子、パスカル・ヴュー 、高橋瑛、
斉藤勇樹 (anitoya)、三原聡一郎
Exhibition, at Engawa, participating artists: Marina Risa Komiya, Atsuko Murano Abalos, Pascal Viout, Akira Takahashi, Yuki Saito (anitoya), Soichiro Mihara

協力:そばふびと、斉藤勇樹(anitoya) アダム・ドーリング、松本先輩、高橋瑛&美智子、津嘉山裕美
Cooperated by Soba noodle fubito, Yuki Saito (anitoya) . Adam Doering (Wakayama University),  Matsumoto Senpai, Akira&Michiko Takahashi, Hiromi Tsukayama

海中撮影:斉藤勇樹 (anitoya) 、高橋優子(縁側の家)、仲本拡史
Ocean filming by Yuki Saito (anitoya), Yuko Takahashi (engawanoie), Hirofumi Nakamoto 字幕監修:アダム・ドーリング (和歌山大学)、アバロス村野敦子
Translation by Adam Doering (Wakayama University), Atsuko Murano Abalos

記録映像:青木裕介(Circulation) / Documented by Yusuke Aoki(Circulation)

共同主催:高橋優子(縁側の家)、松谷容作(追手門学院大学)、三原聡一郎
co-organized by Yuko Takahashi (engawanoie), Yosaku Matsutani (Otemongakuin Univ.), Soichiro Mihara

until august 3 – soichiro mihara: recipe: art of the air 

8月3日まで開催中!「三原聡一郎 レシピ:空気の芸術」展で縁側の家に会える?

english follows

縁側の家の盟友で同志、三原聡一郎さんの展覧会「三原聡一郎 レシピ:空気の芸術」が慶應義塾ミュージアム・コモンズで8月3日まで開催中です。
この展覧会に縁側の家も何としっかり(うっかり)登場!三原さん、松谷容作(追手門学院大学)さんと縁側の家が共同開催をしている「3月11日に波に乗ろう」の展示コーナーです。circulation 青木裕介さんの素晴らしいドキュメンタリー映像や、秀シェフのお品書き、父あきらの竹細工など、東京の真ん中で縁側の家を少し体験いただける三原さんの粋な計らいです。ぜひ、会いに来てください。うれしくてにやにやが止まりません。感謝!

「三原聡一郎 レシピ:空気の芸術」
会期:2024年6月3日(月)― 8月3日(土)
会場:慶應義塾ミュージアム・コモンズ 慶應義塾大学三田キャンパス東別館
開館時間:11:00 ― 18:00
休館日:土日祝
※6月22日(土)、8月3日(土)は特別開館、6月24日(月)、7月29日(月)は臨時休館
入場無料:事前予約不要
主催:慶應義塾ミュージアム・コモンズ
詳細:三原聡一郎 レシピ:空気の芸術

—慶應義塾ミュージアム・コモンズ公式サイトより—
身の回りにあるさまざまな現象について独自の方法で芸術への読みかえを行い、そこにあるシステムやゆらぎのプロセスを可視化・可聴化していく三原聡一郎。メディアアートの基盤となるフリーカルチャーやオープンソースプラットフォームといった民主化されたテクノロジーの視点・方法論から、開かれた系(システム)のあり方を探り「装置としての芸術」の探究を行っています。
我々を取り巻く現象・事象に焦点を当てた制作活動を展開してきた三原は、近年、それらをマッピングすることで、自身の作品と制作の関心が「振動」「呼吸」「粒子」の3カテゴリーから成ることに気づき、「空気の芸術」と名づけました。加えて、三原は作品の「レシピ」づくりを実践しています。レシピとは、三原の作品の根幹であるゆらぎのプロセスを想像する方法自体をアーカイヴ化していく試みです。そこでは、芸術作品のメカニズム詳細を可能な限り記載すること、レシピに準ずる限り再制作を許可することなど、芸術実践における循環や還元性についても思考しながら、実験的に制作が進められています。
本展覧会では、新作の《粉を挽く》を加え、近年の三原の制作活動を一望することで、我々を取り巻く循環的な世界にさまざまな切り口から迫る「空気の芸術」について体感いただくとともに、「レシピ」の展示を行います。作品とレシピを同時に示すことで、作品と記述のあり方、想像力を他者と共有する試み、作家の生前意思、再制作・再展示といった問題をめぐる、三原の関心と実践に光を当てます。

Meet the engawanoie at the exhibition “Soichiro Mihara: Recipe: Art of the Air” (open until 3 Aug.)

An exhibition “Soichiro Mihara Recipes: The Art of Air” is currently being held at the Keio Museum Commons until August 3.
Uuulalaaa! What a great appearance of the engawanoie in this exhibition! In the corner of “Let’s Ride the Waves on March 11,” which is co-organized by Mr. Soichiro Mihara, Yosaku Matsutani (Otemongakuin Univ.), and engawanoie, you can experience a part of the engawanoie in the middle of Tokyo, featuring a wonderful documentary movie by Yusuke Aoki, three years food-menu hand written by Hide-chef, and bamboo works by our father, Akira.
Please visit and experience our engawanoie. Can’t stop smiling!
Thank you very much and much love!

DATE: Monday, June 3 – Saturday, August 3, 2024  11:00 – 18:00
Closed on Saturdays, Sundays and Public Holidays (Special opening on Saturday: June 22 and August 3, Temporary closed days: Monday, June 24 and July 29)
Venue: Keio Museum Commons (Mita Campus East Annex)
Admission free
Organizer: Keio Museum Commons
More information: Soichiro Mihara Recipes: The Art of Air

Soichiro Mihara is an artist who presents systems that openly engage with the world and interpret them into the “art” of materials and phenomena. This exhibition displays Mihara’s recent artistic practices, including his new artwork and “recipes” for his works. Visitors can experience the “Art of the Air” from various perspectives. By presenting the artworks and their recipes simultaneously, we shed light on Mihara’s concerns and practices regarding the relationship between artworks and descriptions, sharing imagination with others, and issues such as the artist’s intentions during their lifetime and reproduction/re-exhibition.

join us! march 10 – eve festival & march 11 – “3rd let’s ride the waves on march 11th”

3月10日(前夜祭)のオンライントークに出演する Johnさんとは?こちらをご覧ください!

今年の3月11日は月曜日。みんなとゆっくり過ごす時間は少なそう。そこで3月10日(日曜日に)前夜祭を開催します!事前連絡や予約不要です。少しでもお時間ありましたら、ふらりと気軽にお立ち寄りください。お待ちしています。
The festival’s eve will be held on Sunday, 10th March this year. Everyone is welcome to join. Feel free to drop by at your convenience. We are excited to see you there!

3月10日 前夜祭 プログラム
15:00 オンライン・アーティストトーク(アバロス村野敦子 x John Anderson)
縁側の家に展示されているアバロス村野敦子の作品《Beachcombing with John and Friends》の制作に深く関わるJohn Anderson氏( Johnさんとは?上部のYouTubeをご覧ください)。Johnさんをオンラインで招いてのカジュアルなトークイベントを行います。アメリカ北西部ワシントン州の浜で漂流物を長年拾い続けている、このシーンでは著名な彼とアーティストが本作品の背景について語ります。約1時間ほどを予定。
March 10  – eve festival (open to all)
15:00 Online Artist Talk (Atsuko Avalos Murano x John Anderson)
John Anderson, who is deeply involved in the creation of Atsuko Avalos Murano‘s work “Beachcombing with John and Friends” on display at engawanoie. He is a well-known figure in the scene and has been collecting driftwood on the beaches of Washington State in the Northwest for many years. Due to the time difference, the event takes place in the evening. Please join us. The talk will last about an hour.

17:00 「NGUPI – アチェ/福島」経過報告会 (髙橋優子、アダム・ドーリング、斎藤勇樹、松本康弘)
海とコミュニティをめぐる縁側の家とアダム・ドーリング(和歌山大学)のプロジェクト「NGUPI – アチェ/福島」の経過発表を行います。共に津波被害を体験したスマトラ島アチェと福島のサーフコミュニティの交流と体験の共有から、海と寄り添い生きる人々の営みを紐解く本プロジェクトでは、2024年2月に福島のサーファー3名(齋藤勇樹/anitoya、松本康弘、高橋優子/縁側の家)がアダム・ドーリングと共にアチェを訪問しました。
NGUPI はアチェの方言で、友達と特に目的なくコーヒーをすすりながらだらだらする事の意。果たしてNGUPIとなったのか…乞うご期待ください!
17:00 “NGUPI – Aceh/Fukushima” Progress Report (Yuko Takahashi, Adam Dorling, Yuki Saito, Yasuhiro Matsumoto)
Progress of the project “NGUPI – Aceh/Fukushima” by Adam Dorling (Wakayama University) and engawanoie on the sea and the community is presented. This project aims to unravel the activities of people living close to the ocean through exchanges and shared experiences between the surfing communities of Aceh and Fukushima, both of which experienced the tsunami disaster. NGUPI is an Acehnese dialect word that refers to a casual, aimless, coffee-sipping experience with friends.
We are looking forward to seeing if it turned out to be “ngupi”…stay tuned!

2024年2月20日、斎藤勇樹(anitoya)監督作品「free & easy」上映終了後の一枚。ロクンガのサーファーが集うCentral Cafeで、幸せな夜。
2024年2月20日、斎藤勇樹(anitoya)監督作品「free & easy」上映終了後の一枚。ロクンガのサーファーが集うCentral Cafeで、幸せな夜。

*当日はいわきのお菓子屋さん sayari の出張販売やドリンクの販売、さらにはワタナベ農園の焼き芋や干し芋販売があります。またカジュアルなお寿司をリクエストに応じて手配します (3月5日までに事前要予 約1500円/1人前)
*イベントのアーカイブとして撮影を行い後日公開する予定です。撮影にご協力ください。なお、オンライン上での公開前に映像を確認していただくことは可能です。詳細はスタッフにお問い合わせください。
*On the day of the event, there will be a sweets shop sayari from Iwaki selling sweets, selling drinks, and baked and dried sweet potatoes from Watanabe Farm. Casual sushi will be available upon request (advance reservation required at 1500 yen per person).

当日はこちらのアチェコーヒーも提供しますよ(この淹れ方はできません)。ロブスタ豆をお楽しみください!

announcement – join us for the “let’s ride the waves on march 11”

今年も開催します第3回 3月11日に波に乗ろう!サーフィン体験やランチは残念ながらご参加いただける人数に限りがあります。どうかお早めにご連絡・お申し込みくださいね。概要やお申し込みはこちらをご覧ください。今年は前日祭あり。みんなでとても楽しみにしています!
the 3rd “Let’s Ride the Waves on March 11th (2024) will take place again this year!
the surfing experience and lunch are limited to 15 people, so please register as soon as possible. For an overview and to register, please click here.
we look forward to having a great time together!

https://docs.google.com/document/d/1blsPYzt6UfsDIKu7MCZKfqKjURaPemxquwPjKCz3UEU/edit#heading=h.8p8lqdckef2b

now available – engawanoie brochure!

縁側の家の常設展「縁側にて」のミニカタログが遂に完成しました!
縁側の家に展示されているこの土地から生まれた素敵な作品の数々。カタログを手にぜひ、ご体験ください。印刷版をご希望の方はどうぞご連絡ください。次回お会いした時にお渡しします!
ダウンロード/download: here
we are pleased to present our brand new mini-catalog of the exhibition “at engawa” which contains artworks related to this land and environment. please experience it at the engawanoie!

click ↑ to read
click ↑ to read

出展作家 / artists
アバロス村野敷子/ Atsuko Murano ABALOS abalos-murano.com
小宮りさ麻里奈 / Marina Lisa KOMIYA marinalisakomiya.com
バスカル・ヴィウ/ Pascal VIOUT horssaisons.com
齊藤勇樹 (anltoya) / YukI SAITO (anitoya) @anitoya_production
高橋瑛 / Akira TAKAHASHI
三原聡一郎 / Soichiro MIHARA mhrs.pb.studio

本展は研究課題「コンボスト・インクを用いたカタログを起点とした現代の環境問題に対するデザイン実践」(追手門学院大学個人研究費、松谷容作)との共催で実施されています。
This exhibition is co-organized with the research project “Design Practice for Contemporary Environmental Issues Starting from Catalogues Using Convost Ink” by Yosaku Matsutani, Otemon Gakuin University.

ミニカタログ、2023年、リソグラフ印刷・5色パターン
構成・デザイン・編集:三原聡一郎、 編集:松谷容作・高橋優子
mini catalog, 2023, lithograph printing, 5-color pattern
direction, design and editing: soichiro mihara, editing: yosaku matsutani and yuko takahashi

縁側の家の活動を励まし支えてくれる三原さんと松谷さん、本当にありがとうございます。多謝。
big thanks to soichiro and yosaku for all your support, encouragement and friendship!

2023 riding the waves on march 11 – archive video


第2回目の開催となった「3月11日に波に乗ろう2023」は今後のゆるやかな広がりを期待させつつ、和やかに終了しました。参加者それぞれの関心事と思惑が不思議とかみ合う、そんな懐の深い会です。いつかこの経緯があやふやになって、それで当然のように3月11日にみんなが集まって海に入って共に食べて時間を共有する、そんな日になることを夢見ています(三原さんの野望にまんまと乗った)。みんなで海に入って、美味しいごはんを食べて、語り合う。そんな普通の、でもちょっと特別な私たちの一日の記録です。お時間のある時(全38分)にぜひゆっくりとご覧ください。お時間のない方は予告編をどうぞ。今年も大変よい時間を過ごしました

how was our day on march 11, 2023? – yes, we had a very nice ordinary day. we met and surfed, ate and talked – that was all but isn’t that wonderful? now we are dreaming of march 11 becoming a day to look forward to being/spending time together, even if we are no longer around to organize it. so here’s a record of our ordinary but somehow slightly magical day on march 11, 2023, that we hope you enjoy!
oops, you don’t have enough time for that? no worries here’s the teaser.

ーーー
3月11日に波に乗ろう / Ride the Waves on March 11th [2023]
記録映像:仲本拡史
Documented by Hirofumi Nakamoto, FULLHD, 38:08
ーーー

「3月11日に波に乗ろう」は、三原が縁側の家に立ち寄った際、集うサーファ達に誘われて波に乗り、美味しいご飯と共に語りあったことがきっかけです。特別に感じた一日がこの地の日常だと気づいた時、3月11日に誰もが参加出来る形式にしてみようと直感しました。地元の方々にも新鮮な一日となるように、小さな変化を加えながら、毎年集いたいと思ってます。
The idea for “Ride the Waves on March 11” came about when Mihara stopped by engawanoie and was invited by the surfers to ride the waves and talk with them over a delicious meal. When I realized that the day I felt so special was an ordinary day in this area, I intuitively decided to make it a format that anyone could participate in on March 11. We would like to gather every year, making small changes to make it a fresh day for the locals as well.

3月11日に波に乗ろう / Ride the Waves on March 11th [2023]
開催地: 四倉海岸(福島県いわき市)、縁側の家(福島県広野町)
Places: Yotsukura Beach(Iwaki, Fukushima, JP)、engawanoie(Hirono, Fukushima, JP)

09:00 スタッフ集合 準備開始 / Staff gather for preparation
09:40 JR四ツ倉駅 参加者ピックアップ / Participants picking up at JR Yotsukura station
09:45 四ツ倉海水浴場駐車場 集合 / Meet at Yotsukura beach parking lot
10:30 浜へ インストラクターによるレッスン開始 / Go to Beach, Lesson by Instructor
12:00 終了〜着替え / Finish, change clothes
12:30 道の駅ならは天然温泉へ / Go to Hot Spa (Naraha Michinoeki)
13:15  縁側の家へ移動 / Go to engawanoie
13:50 特製ランチタイム / Special Lunch Time
14:46 黙祷 / a moment of silence
15:00 トークタイム(参加者全員で座談会)/ Talk time (Round table talk by all participants)
15:45 展覧会「縁側にて」レセプション / Exhibition “at Engawa” reception
16:00 終了 / End

サーフレッスン:グローリーサーフ / Surf Lesson by Glory Surf

シェフ:高橋秀和 / Chef: Hidekazu Takahashi

展覧会「縁側にて」参加作家:小宮りさ麻里奈、アバロス村野敦子、パスカル・ヴュー 、三原聡一郎
Exhibition, at Engawa, participating artists:
Marina Risa Komiya, Atsuko Murano Abalos, Pascal Viout, Soichiro Mihara

協力:松本&林先輩、西本学、名嘉 陽一郎、堺あゆみ、渡邉隆幸、高橋瑛 高橋美智子、津嘉山裕美
Cooperated by Glory Surf, Matsumoto & Hayashi Senpai, Manabu Nishimoto, Yoichiro Naka, Ayumi Sakai, Akira Takahashi, Michiko Takahashi, Hiromi Tsukayama

共同主催:縁側の家、松谷容作(追手門学院大学)、三原聡一郎
co-organized by engawanoie, Yosaku Matsutani(Otemon Univ.), Soichiro Mihara

海中撮影:アダム・ドーリング、高橋優子
ocean filming by Adam Doering, Yuko Takahashi

英訳:アダム・ドーリング
English translation by Adam Doering

記録映像:仲本拡史 / Documented by Hirofumi Nakamoto

march 11, 2023 – exhibition “at engawa”

[events announcement – around march 11, 2023]

The Spacecraft Diaries 230114 (IFukushima, Engawa no ie) by Hirofumi Nakamoto
The Spacecraft Diaries 230114 (IFukushima, Engawa no ie) by Hirofumi Nakamoto

exhibition “at engawa”
– concurrent with “riding the waves on march 11”
the engawanoie stands on a land which is clearly defined “here” and “there” by a line on the map. this one day exhibition “at engawa” invite you to reflect on shifting borders, sharing and body. we look forward to welcoming you with art works at “engawa”, a place witnessed the daily life of this land.
date/time: march 11, 2023, from 11:00 to 18:00
venue: engawanoie
artists: marina komiya, atsuko murano abalospascal viout, soichiro mihara
movie documentation: hirofumi nakamoto organizers: soichiro mihara, yosaku matsutani

watch the diary film by hirofumi nakamoto – engawanoie visits for the event on march 11, 2023

「3月11日に波に乗ろう」同時開催  展覧会「縁側にて」
縁側の家は地図上に引かれた線によってはっきりと、こっちとあっちが示されている土地に立っています。その移りゆく境界、共有、身体に思いを馳せる1日だけの展覧会を3月11日に開催します。この地の生活や出会いを毎日毎日見守ってきた「縁側にて」展開される、開かれた作品たちと共に、皆様をお待ちしております。
会期:2023年3月11日、11時から18時
場所:縁側の家
出品作家:小宮麻里奈村野アバロス敦子pascal viout 三原聡一郎
ドキュメント:仲本拡史
企画:三原聡一郎、松谷容作

march 11, 2023 – riding the waves on march 11

The Spacecraft Diaries 230114 (IFukushima, Engawa no ie) by Hirofumi Nakamoto
The Spacecraft Diaries 230114 (IFukushima, Engawa no ie) by Hirofumi Nakamoto

event 1 “riding the waves on march 11, 2023”
since 2022, we, soichiro mihara (artist), yoichi matsutani (aesthete) and engawanoie, have been organizing the “riding the waves on march 11”. as a second edition for this year we will surf at yotsukura beach in iwaki city. we surf, eat and talk together. that’s all!
curious about the event? see the diary film (on january 14, 2023) by hirofumi nakamoto. and the documentation of last year’s event on march 11, 2022 by takamasa iwasaki.
check the exclusive one-day exhibition “at engawa” on the day!

The Spacecraft Diaries 230114 (IFukushima, Engawa no ie) by Hirofumi Nakamoto
The Spacecraft Diaries 230114 (IFukushima, Engawa no ie) by Hirofumi Nakamoto

 [3月11日に波に乗ろう 2023]
「3月11日に波に乗ろう」は、アーティストの三原聡一郎さんが、縁側の家に立ち寄った際、集うサーファ達に誘われ、この機会を逃したら一生無いかも?!と即断して波に乗ってみたことがきっかけの体験イベントです。2022年より開始し、第1回めは縁側の家のホームの岩沢海岸(双葉郡楢葉町)で行いました。第2回となる2023年はおとなり、いわき市の四ツ倉海岸で海に入ります。向こう10年は続けようと考えております(三原さん宣言)。2023年3月11日 同時開催 一日だけの贅沢な展覧会「縁側にて」もどうぞお楽しみに!
前回の様子と今回の予告はこちら。3月11日に波に乗ろう (2022) by 岩崎孝正
日記映画 3月11日に波に乗ろう・下見(福島県・縁側の家)by 仲本拡史

当日はサーフィンの初心者レッスンの形式を活用致します。
万が一、天候がサーフィンに適さない状況でも、安全な範囲で海に入り、波を掴む感覚を探ります。
その後、美味しいランチと共に皆で3.11を縁側の家にて振り返ってみたいと思ってます。

冬場のタイトなスケジュールになりますが、皆様とご一緒できる機会を楽しみにしています。
ご参加ご希望の方は、このフォームよりお申し込みをお願いいたします。
なおご参考までに以下が当日の持ち物とスケジュール、注意事項になります。ご確認宜しくお願い致します。

■持ち物
・水着(またはポリエステル製のスポーツウエア)を予め着用の上お越しください。
水着の上にウエットスーツを着用していただきます。
・コンタクトレンズは1dayとスペアの準備をお忘れなく(メガネ不可)
・ビニール袋(濡れたものを入れて持ち帰る袋)
・ビーチサンダル(着替えの時などあると便利です、100均のものでも可)
・バスタオル1枚、ハンドタオル1枚(海から上がった後に使用)
・入浴上がりに使用するバスタオル
・入浴後の着替え
(ウェットスーツはスクールレンタル、手袋&ブーツは必要な方にこちらから貸出)

■スケジュール
09:00   スタッフ集合&準備開始 (自家用車でお越しの方は着替えなど準備開始できます)
09:40   四ツ倉駅ピックアップ(下り四ツ倉駅9:32着の常磐線にお乗りください)
09:45   集合(四ツ倉海水浴場駐車場)
→着替え(ウエットスーツに着替える)サーフレッスン代5000円、申込書を先に集めます。
10:30   ボードを持って浜へ。インストラクターによるレッスン開始。陸トレ〜波乗り
12:00   終了〜ボード持って駐車場へ
→着替え(ウエットスーツを脱ぐ。シャワーも有)
12:30   近くの入浴施設へ。(身体を暖める為。入浴は自由選択)
13:15   入浴完了 縁側の家へ移動
13:50   縁側の家にて特製ランチ(投げ銭スタイル!ドリンクのみオーダ制)
14:00   トークタイム、お茶会(参加者全員で話してゆく座談会形式)
16:00 終了
広野駅(徒歩10分)16-17時の休日上りダイヤ
16:26(水戸行), 17:23(いわき行),17:57(品川行 ひたち号)

■インストラクター
猪狩優樹(いがりゆうき/日本サーフィン連盟福島支部長)さん
国際サーフィン連盟レベル2コーチング、四ツ倉海岸にてグローリーサーフ主催。

■注意事項
・四ツ倉(海岸/駅)集合 縁側の家(広野町)解散 この間の送迎有
・雨天決行
・お車でお越しの方、
四ツ倉海岸の駐車スペースは十分あります。縁側の家の駐車については当日指示致します。
・アーカイビングに際してのプライバシー
イベント当日は集合時間から終了までイベントアーカイブとして撮影を行いオンラインで後日公開予定です。
被写体として映りたくない方は当日確認しますので申し出て頂けたら幸いです。
編集でカットしますので、撮影にはご協力いただけたら幸いです。
(ドキュメント:映像作家 仲本拡史)
・防寒について
当日の天気にもよりますが暖かい格好でお越しください。
縁側の家でのランチ〜トークは晴天ならお庭で行う予定です。
・前日当日の宿泊を近隣でご検討の皆様、
特に3月11日泊@広野町周辺はお早めの予約をお勧めいたします。
(宿泊については各自で対応ください。イベントは3/11 10:00-16:00 になります)
・食事について
一部VEGAN対応しております。
他、アレルギー等、制限のある場合フォームにご記入ください。

上記以外に事前に確認したい、もしくは不明な点は、311@engawanoie.jp(前日まで) にお願い致します。

march 9 – 19, “umarekawaru” pascal viout photography @slope gallery

every time I say “the sea of fukushima” i feel a tingle, but that’s our strength, isn’t it?
like a tingle – chikkuri, chikkuri – I hope this beauty and story touches many people.

our friend, pascal is a french photographer who fell in love at first sight here and has been photographing ever since. that was in 2016 if i remember correctly, just a few weeks later he started a new life in Japan with his partner manon. today, in march of 2022, he is finally showing what he captured in fukushima at the slope gallery. together with the presentation of soichiro mihara’s “blank projects“, “umarekawaru” will be shown at the slope gallery until march 19.  how you can miss this opportunity?!!

umarekawaru – PASCAL VIOUT PHOTOGRAPHY
soichiro mihara “blank projects” online exhibition  – viewing @slope gallery
period: march 9 – 19, 2022  (close sun./mon.)
venue: slope gallery (2-4-11-1f jingumae, shibuya-ku, tokyo)

umarekawaru – pascal viout

福島の海、と口にするたびに、ちくり、とするけれど、それは間違いなく私たちの強みでしょう?ちくり、ちくり、と多くの人にこの美しさと物語が届けば良いな。
フランス出身のパスカルが、ここ広野町と出会ったのは、彼がパートナーのマノンと共に来日し、新しい生活を東京で始めたばかりの2016年の頃。それから機会を見つけてはワインと共にやって来て、写真を取り続けています。
そんなパスカルの眼を通した私たちのホームが、ボードカルチャーの発進基地スロープギャラリーに初登場!毎日見ている私たちのホームはこんなに美しいのだなあ。なんて幸せ。

「三原聡一郎オンライン展覧会『空白に満ちた世界』ビューイングと同時開催のこの展覧会は
3月19日まで。ぜひ見てください!

umarekawaru PASCAL VIOUT PHOTOGRAPHY
同時開催 –『空白に満ちた世界』三原聡一郎 viewing online show @slope gallery

会期:2022年3月9日(水) – 3月19日(土) (日・月休み)
会場:SLOPE GALLERY (東京都渋谷区神宮前2-4-11 Daiwa神宮前ビル1F – tel. 03-3405-0604)
※三原聡一郎オンライン展覧会の会期は3月4日~3月21日(詳細は京都芸術センター

umarekawaru – pascal viout

 

 

 

 

 

 

 

 

 

march 9 – 19, soichiro mihara “blank projects”- viewing online show@slope gallery

ボードカルチャーから発信される気分のいいアートとアートブックスを紹介するBueno!Books/slope galleryの森本由美さんからの久しぶりのお電話に、あまりにうれしくペラペラと近況をご報告。そうそう、由美さんすごいのですよ、三原聡一郎さんのアート作品が縁側の家に展示されているのですよ、と自慢をしたのは確か1月末のことです。あれよあれよという間にslope galleryが三原さんのオンライン展覧会「空白に満ちた世界」のビューイング会場となることが決まりました。

縁側の家に展示されている《  鈴》は、《空白のプロジェクト/blank project》4連作のひとつで、三原さんが2011年3月11日を契機に、テクノロジーと社会の関係性を考察するために発表してきたもの。福島県の浜通りにある縁側の家に《  鈴》がやって来たことで、三原さんがサーフィンを体験し、その体験を提供するイベント「3月11日に波に乗ろう」が行われる・・・この一連に共感した由美さんの応援企画なる「三原聡一郎オンライン展覧会『空白に満ちた世界』ビューイング@slope gallery」です。オンライン展覧会の可能性を問うプロジェクトに、にわかに登場したオンサイト・ビューイング会場。面白がってGOサインを出す三原さん、さすが。

そして、さらに波紋は広がり写真家パスカール・ヴィウの縁側の家近辺の海の写真-umarekawaru-も展示されることに。会期は10日間、どうぞお見逃しなく!

『空白に満ちた世界』三原聡一郎 viewing online show @slope gallery
同時開催 – umarekawaru PASCAL VIOUT PHOTOGRAPHY
会期:2022年3月9日(水) – 3月19日(土) (日・月休み)
会場:SLOPE GALLERY (東京都渋谷区神宮前2-4-11 Daiwa神宮前ビル1F – tel. 03-3405-0604)
※オンライン展覧会の会期は3月4日~3月21日(詳細は京都芸術センター

the online exhibition “blank projects” by soichiro mihara takes place online, which means you can visit it on your own devices whenever you want. here is an option: you can also visit the online exhibition on site at the slope gallery from march 9 to 19, where you will find the photo exhibition “umarekawaru” by pascal viot.

soichiro mihara “blank projects” online exhibition  – viewing@slope gallery
umarekawaru – PASCAL VIOUT PHOTOGRAPHY
period: march 9 – 19, 2022  (close sun./mon.)
venue: slope gallery (2-4-11-1f jingumae, shibuya-ku, tokyo)

bell – soichiro mihara, photo by pascal viout