Crazy Banana und Hot Dog by Alex Schauwecker

event news/live concert: saturday 7 september, 2019

スイスのチューリッヒを拠点にアーティストとして活躍を続けるアレックス・シャウヴェッカー。スケーター・スノーボーダーとしても知られ、出版、絵本作家、グラフィックアーティスト、イラストレーター、音楽活動などその活動は多岐に渡る。活動・作品のどれをとってみても、アレックスとしか言いようのない作風にはただただ憧れます。
今回は、近年の「crazy banana und hot dog(クレージーバナナ&ホットドック)」という名での音楽活動にフォーカス。ギターと歌のアコースティックライブを開催します!

日時:2019年9月7日(土)17時30ごろ〜
場所:縁側の家

お気軽にお子さんやお友達と連れ立って、お越しください。夏の夜をゆるゆると楽しく過ごしましょう!お待ちしています。
*準備の都合上、ご参加いただける場合はご連絡をいただけると嬉しいです。

アレックス・シャウヴェッカー (Alex Schauwecker)
1982年京都生まれ。7歳まで京都で育つ。現在はスイスのチューリッヒ在住。
link: Walfisch Studio Hakuin Verlag
instagram: @crazybananaundhotdog @dianosaurstufio @walfischstudio @hakuin_verlag

V4C engawanoie shooting night :Voyage for Change

V4C 縁側の家 撮影ナイト
ドキュメンタリー映画 Voyage for Change が縁側の家にやって来るよ。
みんなで美味しいものを作って食べよう!
日時:2019年4月20日(土曜日)18時頃より
場所:縁側の家(福島県双葉郡広野町下浅見川桜田)

ドキュメンタリー映画 Voyage for Change
私たち大人は社会を変えることはできません。それができるのは子供達です。彼らがこの先この惑星で許容できる環境条件の下で、譲り合い、分かり合える気持ちを持って平和に暮らそうと思うなら、この社会を変える以外に方法はないのです。本作品では4名の十代の若者が意欲的な視点をもって、パリからデリー、そして東京を経てサンフランシスコへ、(さらにはアフリカ、南米そして中国まで)旅をしながら、異なる文化やライフスタイルを持った若者たち、献身的な大人たち、変革者や専門家などに出会います。彼らの斬新な発想や率直な議論を通してアイデアや構想が生まれます。その過程で彼らは大いなる切迫感を感じ、個人的にあるいはグループ全体としても変化してゆくかもしれません。その姿は我々に感動を与えるでしょう。
ドキュメンタリー映画「V4C」では、世界各地の十代の若者の目を通して、彼らの世代が直面している課題を見つめます。この旅を通して映画の主役たちは、彼らの視点と、旅の先々(第1篇ではインド、日本、フランス)での大人たち(変革者、専門家や外国の住民たち)や同世代の若者たちとの出会いによって得られる発見を観る人々と共有します。

監督について:フランスのドキュメンタリー作家でキュレーターのDIDIER BONNET。フランスのMEGACITY SHORTDOCS FILMFESTIVAL の創始者でもあります。

V4C 縁側の家 撮影ナイト 参加者
-フランスからやって来るひとりの主人公の少年
-TOKYO INTERNATIONAL SCHOOL の3名の生徒
-アイシースクール内郷教室に通う福島県浜通りの中学2・3年生の4名の生徒
-縁側の家をとりまく人たち

サポーターたち
アンドレアス・シュナイダー
本作品の日本でのコーディネイトを担当するのが、IIDJ(情報デザインアソシエイツ)の設立ボードメンバーであり、世界各地で情報デザインの講演・ワークショップ等を行うアンドレアス・シュナイダーです。
高橋 優子
アンドレアスの友人で福島県浜通りにあるカルチュラル・プラットフォーム「縁側の家」の主宰。広野町に生まれ育つ。平日は都内で文化・広報関連の仕事をし、週末は広野町で過ごす。

V4C engawanoie shooting night
on the occasion of the japan project of the documentary film Voyage for Change
cook together eat together!
date: saturday, 20 april 2019 from 18h00
venue: engawanoie

documentary film Voyage for Change
This film is an adventure – a catalyst for inner transformation of young grown-ups alike; a trigger for positive actions of Hope & Change where teen protagonists take the lead.
The documentary Voyage for Change follows teens as they travel the world from Paris to Delhi, San Francisco, Tokyo – and other destinations. Meeting peers from different cultures and lifestyles, committed adults, changemakers and experts alike, they question the answers we grown-ups all too often have ready – immune to the simple and straight-forward challenges of those who will outlive us for many years.


director: DIDIER BONNET, acclaimed french documentarist/curator, creator of the international MEGACITY SHORTDOCS FILMFESTIVAL in FRANCE

participants at the engawanoie
– the main character, french boy
– three students of TOKYO INTERNATIONAL SCHOOL
– four local students of ISEESCHOOL UCHIGO
– engawanoie friends

supporters
andreas m. schneider
coordinating a japan shooting part of this film. designer, found board member of IIDJ. frequently make a lecture/workshop on information design in the world.

yuko takahashi
a friend of andreas m. schneider.  organizer of engawanoie, a cultural platform in hamadori, fukushima prefecture. born and raised in hirono town. currently working in tokyo for culture and pr activities and back to hirono town on weekend.